僕は昔からWEBデザインでもDTPでも、基本は本物の紙にラフや構想などを書いてから制作しています。そうして作る方が結果的に早くて良いものができるのです📝

そして、そのラフや構想を書くものを探すのが趣味です。ミーハー感の強い文房具スキーなわけです。文字が上手でもなく、本当に殴りかけるノートとペン探し。ラフや構想といったものは、書くときに思うがままに気持ち良く描けないと頭の中のモヤモヤな物を全部絞り出せないのです(という言い訳)🐥

で、最初は国産の普通のノート各種、それらの少しお高いライン、コピー紙、Rodhia、モレスキン …etc。色々試した結果、落ち着いたのがコクヨの測量野帳

新しい野帳買い足した

t4trawさん(@t4traw.github.io)が投稿した写真 -

縦長、3mm幅という絶妙な方眼、自分もってる万年筆のインクなら抜けた事ない上質な紙、入手のしやすさ、ラフに使って許される雰囲気、セミハードなカバー、そして何より大事なお値段、なんと180円💰 まとめ買いならなんと1冊130円くらい😋

野帳ちゃんに出会ってから1年、飽き性の僕だけど買い足し買い足しで使い続けている。オシャレとダサさのバランスがほどよい雰囲気で、とても気さくなノートなのだ。そこにすごく惹かれているんだと思う🏩

そんな地味な外見なのに可愛すぎる、うま味系女子みたいな野帳ちゃんに恋した人=ヤチョラーと呼ばれる人たちがたくさんいる。ヤチョラーというダサい感じの言い方が野帳にマッチしているトコもニクい。

すげーカスタマイズとかあってカッコイイんだけど、僕は素顔のままの野帳が好き。気軽に、適当に使えるトコが野帳の良いトコだし、あんまり凝っちゃうと飽きちゃう気がする。

というわけで、普段から方眼ノートとか使ってるマニアな方は見掛けたら是非お試しあれ。

コクヨ 測量野帳 スケッチブック 40枚 10冊セット セ-Y3
コクヨ (2013-09-18)
売り上げランキング: 1,846