ブログのシステムをWordpressからJekyllに完全移行しました。移行した理由は好奇心です。まだポスト数が少ないので速度に不満があるわけでもなく、別にテーマを作っていたわけでも無いので本当に興味本位での移行。

強いて言うなら、ミニマムなサイト制作を目標としている今の自分にとってWordpressがそもそも重い、といった所でしょうか。

  • シンプル設計
  • Markdown記法
  • 画像をテンプレートで使わない
  • 高速・快適さを重視
  • シンタックスハイライト

Sinatraで作成しても良かったのですが、github pagesで動作するJekyllは今後githubユーザーが使うと思うので勉強のためにJekyllを採用。最新の物は話の種にもなるし。ThemeをForkとかしてみたい。

Jekyllって?

  • ようは静的ページ(DBのいらない)タイプのサイトジェネレータ。
  • Ruby製。jekyllのgemインストールしたらjekyll buildでテンプレートからhtmlを生成してくれる。
    • Github pagesだとbuildをGithubがやってくれるので、記事の元であるmarkdownファイルをgit pushすればOK。
  • シンプル導入シンプル設計シンプル運営。やってみたら導入&構造は超簡単だった
  • Markdown記法(他にもTextileとかtext)で記事がかける。シンタックスハイライトももちろん可。 _ githubページで無料運営可能
    • 別にgithubでなくてもftpでアップロードする普通のサーバーでも可
    • 動的(みたいに見える)なサイトもHerokuとかAmazonS3でできるっぽい
  • デザインを1から作らなくてもテーマを適応する事もできる

Jekyllの導入とかに関してはまた後日まとめてみたい。

これでSublimeText2にgitとかmarkdownのプラグインが入ってればgit push origin masterだけでブログの更新、管理が可能になった。なんて便利なんだ。

そしてGithubで管理しているのでコードの管理や履歴も全部保管してくれる。一応ローカルにバックアップしたいならDropboxでいいし。git cloneでいつだってブログ編集もできる。もちろんブラウザからだって。