ブログを書くのにMarkdownを選択したので、色々とMarkdownを書けるエディタを検討してみたのですが、結局は普段自分が使ってるSublimeText2で書くのが手っ取り早い事に気づいた。括弧とかの挙動も分かってるし、矩形選択とかマルチカーソルが無い環境では生きられない体に。

それにコードスニペットとかも簡単にSublimeText2用のgistパッケージでポストできる。gistというパッケージに関してはまた後日。

しかし、SublimeText2のMarkdownデフォルトのシンタックスハイライトはお世辞にも見やすいとは言えない。見やすくないというか、全然シンタックスハイライトしていない。

なのでまずはそこをカスタム。参考にさせて頂いたのがこちら。

Markdown のシンタックスハイライトを変更するとか

リンク先にある通りにMonokaiテーマファイルに書き足す。そしてこんな具合にシンタックスハイライトしれくれる。

SublimeText2でMarkdownシンタックスハイライト

うん。美しい。めちゃくちゃ見やすくなった。

で、次にチートシートとプレビューを便利にしてくれるパッケージをインストー。Cmd+Shift+Pからpackage install、そしてmarkdown previewをインストールする。

インストールしたらCmd+Shift+Pmarkdown previewとコマンドを打つとチートシートとかブラウザでプレビューをする事ができる。

元々Markdownのソースだけでもtable使ったりしなければ構造は簡単に把握できるから、僕的にはこれぐらいで十分満足だった。

。。。github製のAtomという新手のエディタに搭載されているMarkdownエディタ機能が気になるけど。。。

というわけで、しばらくはこれでブログの記事を書くのが楽になった。