サーバーを立てたりして、ssh-keygenでキーペアを生成。その後USBメモリをマウントして秘密鍵を移動させるのですが、いつも1回やってしばらくすると「あれ?」となるので、書いて覚える。

# サーバーにてsshキーペアを生成
$ ssh-keygen -t rsa
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/home/USER/.ssh/id_rsa): #基本はEnterでおk
Enter passphrase (empty for no passphrase): #パスフレーズを入力
Enter same passphrase again: #もういっかいパスフレーズを入力
Your identification has been saved in /home/USER/.ssh/id_rsa.
Your public key has been saved in /home/USER/.ssh/id_rsa.pub.

# ~/.sshに移動してちゃんと生成されたか確認
$ cd ~/.ssh
$ ls
id_rsa id_rsa.pub

# .pubのついた公開鍵の方をauthorized_keysに変更->パーミッション変更
$ mv id_rsa.pub authorized_keys
$ chmod 600 authorized_keys

# USBメモリを挿して認識されたデバイス名を調べる
$ dmesg
# すると大量のメッセージが表示される中で
...
 sdb:sdb1
 ...
# といった感じで表示されている。今回の場合は「sdb1」がデバイス名

# デバイスをマウントする用のディレクトリ作成
$ mkdir /mnt/usb

# デバイスをマウントする
$ mount -t vfat /dev/sdb1 /mnt/usb

# id_rsa(秘密鍵)を移動
$ mv id_rsa /mnt/usb

# マウントを解除
$ umount /mnt/usb

つぎやる時はこれを見てやろう。