会社で新しいMacが複数台来るので、「色々と初期設定もドキュメントとかにまとめておくかー」と調べようと思い、Brewfile関連を調べたら何やらbrew bundle Brewfileがオワコンっという流れ❓

brew bundleは、Macのパッケージ管理システムであるHomebrewでインストールする物をBrewfileにまとめておき、brew bundle Brewfileとコマンドを打つだけでそれらをインストール->環境構築が一発でできるという便利な方法。

なんか少しの間に結構色々あったのねー📅 Macの初期設定なんて頻繁にやらない自分にとっては毎回調べる事になってるな。

で、Homebrew/homebrew-brewdlerで使うのが一番シンプルっぽいなぁと思ってリポジトリにアクセスすると、Homebrew/homebrew-bundleにリダイレクトされる。あれ❓と思っていたら、BrewdlerがHomebrew-bundleにリネームされたみたい。なんてややこしい。。。😵

でもBrewfileの書き方がシングルコーテーションで囲ったりと、少々違うみたい。まあ最初から書く予定だったのでちょうどいいね。

homebrew-bundleの使い方は、

brew tap Homebrew/bundle

したら、インストールしたいものが書いてあるBrewfileを用意して

brew bundle

するだけで🆗