最近iTerm2がver3(これはiTerm3ではないのか?)になり、前よりも若干もっさりするように感じてきた😿

で、なんとか軽量化したいなぁと思い、なんとなくoh-my-zshを入れていたけどpreztoにzshフレームワークを変更してみた。まあテーマがカッコイイというだけで使っていたしね。

参考

oh-my-zshを使っていて重いと感じている方、preztoはいかが?

※以下の説明はもう既にzshを使っている前提で書いています。もしもzshになっていないならchsh -s /bin/zshしてzshに変更しましょう。あと普段iTerm2を使っているので、ターミナルとはiTerm2の事です。

まず、oh-my-zshのアンインストールをしようとすると、.zshrcが綺麗さっぱり消えてしまうし、preztoインストール時に削除する必要があるので、下記ファイルを避難なりバックアップをしておく必要があります。

  • .zlogin
  • .zlogout
  • .zpreztorc
  • .zprofile
  • .zshenv
  • .zshrc

自分の場合は.zshrcだけだったので、.zshrcの中身をバックアップ。

バックアップが終わったら、まずoh-my-zshをアンインストールします。

$ uninstall_oh_my_zsh

次にpreztoのをクローンしてきます。

$ git clone --recursive https://github.com/sorin-ionescu/prezto.git "${ZDOTDIR:-$HOME}/.zprezto"

そして、下記をターミナルにペロっと貼り付け。この時に.zshrcが既にhome下に存在しているとうまくいかないのでバックアップして消しておきましょう。

setopt EXTENDED_GLOB
for rcfile in "${ZDOTDIR:-$HOME}"/.zprezto/runcoms/^README.md(.N); do
  ln -s "$rcfile" "${ZDOTDIR:-$HOME}/.${rcfile:t}"
done

ここでターミナルを再起動。すると、preztoが動いていると思います。

preztoに変更したあとにやった事まとめ

テーマの変更

まずはテーマの変更。カラフルで綺麗なターミナルカッコイイヨネ🆒

promptというコマンドでテーマのプレビューができます。デフォルトで入ってるテーマの一覧は、

$ prompt -p

で見る事ができます。

僕はログインユーザーとか必要なくて、現在のpathとgitのカレントブランチが分かっていればそれでOK。

いくつか見た中で一番気に入ったのがpureというthemeでした。

シンプルでイイ❤️

「これに決めた!」というthemeが見つかったら、~/.zprezto/runcoms/zpreztorcの中の

zstyle ':prezto:module:prompt' theme 'sorin'

という部分を

zstyle ':prezto:module:prompt' theme 'pure'

に変更してターミナルを再起動すればOK👌

エディターをnanoからvimに変更

よーしこれでOKと思ったのですが、ふとgit commitしようと思ったらエディタがnano……。おっとこれは使った事ないのでvimに変えねば。

~/.zprezto/runcoms/zprofileを見ると、

#
# Editors
#

export EDITOR='nano'
export VISUAL='nano'
export PAGER='less'

となっているので、ここを

export EDITOR='vim'
export VISUAL='vim'

に変更すればOK。

バックアップしておいたzshrcを戻して完了

あとは~/.zshrc~/.zprezto/runcoms/zshrcにシンボリックリンクがはられているので、それに自分のzshrcの中身を書き写しておしまい。

プラグインを使いたい時

~/.zprezto/runcoms/zpreztorcの中に有効化するプラグインを書けばOK👌

# Set the Prezto modules to load (browse modules).
# The order matters.
zstyle ':prezto:load' pmodule \
  'environment' \
  'terminal' \
  'editor' \
  'history' \
  'directory' \
  'spectrum' \
  'utility' \
  'completion' \
  'prompt'

この中にgitとか書いてターミナルを再起動すれば使えるけど、自分の場合はエイリアスは自分で設定したものがzshrcにあるので、今回はデフォルトのままにしておいた。

oh-my-zshから変えてみて

oh-my-zshから思いつきで変えてみましたが、思ったより軽くなった。たいした機能使っていなかったし、これで満足です。